チラシ裏日記上等!!新館

Webアプリケーションエンジニアの雑記帳。映画とかアニメとかの記事も書きます。

RELEASE THE SPYCE はおもしろいよ

GitHubコントリビュート状況

この記事は クソじゃないアニメ Advent Calendar 2018 12日目の記事です。

クソアニメというほどクソではないと思うけど、思ったより他の人が話題にしていないと個人的に思っているアニメ「RELEASE THE SPYCE」について紹介します。

releasethespyce.jp

キャラデザがなもりで脚本がタカヒロという驚きの組み合わせ

やはりキャラクターは大事だよね。ということでキャラデザなんですが。なんとゆるゆりで有名なあのなもり先生です。

ゆるゆり (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

ゆるゆり (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

なのでキャラクターは全員可愛いです(個人の感想です)。衣装もヘソ出しで可愛い。

なもり先生といえばゆるゆりなので、日常系でゆるい絵しか想像できなかったのですが、意外とアクションに見応えがありなもり絵の可能性が広がりました。刀での殺陣などの格闘シーンが随所にあり、かっこいいし可愛いしいいとこ取りです

そして脚本はなんとタカヒロ。あの「アカメが斬る」や「結城友奈は勇者である」で視聴者を突き落としにかかるあのタカヒロです。

タカヒロと言えば「アカメが斬る」で主要キャラからモブまでためらいもなく殺し、「結城友奈は勇者である」では神樹様に選ばれて闘うときの犠牲の大きさで視聴者の心を折りに来るのですが、今回のアニメはどうか気になったところ、そのふた作品とは違う方向性でいくというのが次のインタビューで書かれています。

akiba-souken.com

可愛い絵柄も相まってタカヒロ脚本で心を大きく折りにくるんじゃないかと心配しましたが、とりあえずそう大きくは折られることはないだろうとこの記事を読んだとき安心しました。

007ライクなスパイモノ+師匠と弟子という関係性に萌える

RELEASE THE SPYCEは 一応スパイモノなんですが、いわゆるスパイと言うよりは007やミッション:インポッシブルみたいなガジェットを駆使して悪を倒すスパイモノといった感じです。

忍ぶ気のない衣装、随所に現れる特殊ガジェット、スパイスを摂取することで向上する身体能力などがアクションを彩ります。

スパイモノではあるのですが、スポ根ものでもあります。師匠と弟子の関係でバディを組んで任務をこなしたり修行をしたりします。主人公の百地が雪と修行をするあたりはかなりスポ根です。随所に鍛えているシーンとかがあって何となくこだわりを感じます。

物語的には基本的には師匠と弟子のバディで悪を倒していき、悪の組織魍魎を追っていくという流れで進んでいくアニメです。失敗したり修行して強くなったり、師匠と弟子の関係を掘り下げたりしていきつつ進んでいきます。後半になるにつれて核心に迫っていくのはテンプレ的な流れではあります。

やはりやってくれるタカヒロ脚本

現在(2018/12/12)10話まで放送しています。8話ぐらいまでは強くなったり各キャラクターの内面を掘り下げたりして安心して見れたのですが、やはりタカヒロ。9話あたりからタカヒロ脚本の本領を発揮していきます。

確かにアカメやゆゆゆよりは突き落とし方がマイルドでした。でも9話で上げて10話で落としてきました。いやほんとまじかーって感じです。

ネタバレになるので多くは語りませんが9話が雪の過去の話だったのですが、過去の話をしてきた時点であやしい感じはしていました。それなりに警戒はしていたのですが10話での落とし方が意外すぎて個人的にはほんとまじかーとうなりました。内通者ってそういうことかよ・・・。

残り11話と12話ですが、10話で怒濤の展開を見せたのでそれを残り2話でどう回収していくのか楽しみです。

先行上映もあるのでちょっと見に行きたいですね。

releasethespyce.jp

自分がおもしろいと思うことを自由に語る節

なもり絵ほんと可愛い。丸っこい女の子がアクションで動き回ると見ていて楽しい。

衣装も可愛い。ヘソ出しミニスカートは人類の宝。

スパイモノじゃないっていったけど2話の修行の大にステージはスパイ修行そのものですね。よい。

意外に良かったアクション。刀での殺陣はかなり見応えがある。10話の雪の師匠の戦いはかっこよかった。

師匠と弟子の関係性って本当に萌える。基本的に弟子が師匠ラブなのがよい。それぞれの弟子ごとの師匠への愛の形があり不器用さも愛おしい。

タカヒロ脚本がよい。基本的に自分は辛い話が好き。なもり絵が甘いぶんタカヒロ脚本がほどよいどころか相当なスパイスになっている。正直好き嫌いはあるだろうなと思うけどなもり絵でだいぶマイルドになっていると思う。

1クールのサイズ感が何度も見たくなるのでよい。作業のオトモにちょうどよい。

いやー総じて良い。

まとめ

以上RELEASE THE SPYCEについて自分が思うことを語っていきました。正直な話見るまではそんなに期待していなかったのですが、見れば見るほどはまっていくいいアニメでした。

最後にRELEASE THE SPYCE 第一話で雪が放った名台詞を書いて終わります。

「積み上げた努力とその成果が自信に繋がる。あとは一握りのスパイス。」

座右の銘にしたい。

RELEASE THE SPYCE はPrime会員だと過去のも見れるのでPrime会員の人はだまされたと思って見て欲しい。

RELEASE THE SPYCE ないしょのミッション 1 (電撃コミックスNEXT)

RELEASE THE SPYCE ないしょのミッション 1 (電撃コミックスNEXT)