チラシ裏日記上等!!新館

オタクWebエンジニアの雑記ブログです。本や漫画や映画の感想なんかを主に書いています。最近は勉強会の感想とかも書いています。

「自分の中に毒を持て」を読んだ

岡本太郎の著作「自分の中に毒を持て」を読んだ。

全体的に言われていることは「安全な道を進まないで危険な道を行け」と言うことだった。

以下感想。

危険な道があって、自分が今までの道を捨ててそっちに行きたい気持ちを我慢している場合、それはその人が本当に行きたいと思っている道なんだと書かれている。

確かに本当はやってみたいけど、自分がこれから生きていくことを考えると現実的でなかったり、ばかげた考えだと思っていることは結構ある。それは全部本当にやってみたいかというとどうなんだろうという気はするけど、やってみたいなと思うことはある。食うためには働かなくちゃならないので、もし働かなくても食うに困らない状態にまったらまずやるだろうなと。

この本ではそんな食うために今の道を行くなんて言い訳しないでやりたいことをやれと力強く訴えている。自分を限定せず自分には無理だと諦めないであえて危険な道に打って出て挑戦するべきだと語られている。

読んでいて凄く元気になるような本だった。危険な方に賭けていく方がより生きている人物になれる。とても魅力的だと思う。手始めに自分が無理だと思っていることにチャレンジしててみようかと思う。すぐにはできないかも知れないがやってから後悔したい。