チラシ裏日記上等!!新館

オタクWebエンジニアの雑記ブログです。本や漫画や映画の感想なんかを主に書いています。最近は勉強会の感想とかも書いています。

英語とかの勉強について

英語とか勉強しなきゃいけないなと最近思っていたのだけど、そんなとき次の記事を見つけて思わず自分はどうしようか考えてしまった。

kenzan100.hatenadiary.jp

この記事の中でかなり響くことが書いてあるのでそれを引用する。

エンジニアとして働くようになってから思っていることで、また海外に数ヶ月滞在してより強く思うのは、 「英語はもはや標準語で、情報のインプット/アウトプットが英語でないことは、成長する上で不利である」ということです。

その通りだなととても思う。英語が読めないと情報を得るのがとても難しいし、英語で書けないと可能性がひらけない。

以下それをうけてつらつらと考えたことを書く。

英語が読めないと困るなと思うのはGithubで上げられているライブラリ等のREADMEがほとんど英語で書かれているから。コードである程度推測はできるけど、どうしてもそれのコピペでまず動かしてまずかったら少しずつ直していくという行動になりがち。やっぱりよくわからないなと思うとそのライブラリ名で検索して出てきた個人のブログやQiitaの記事を見て実装する。それも結局コピペに近いコードなので筋の悪いやり方をしていたりして良くないことこの上ない。そうやってトライアンドエラーを繰り返してようやく何となくできるようになっていくけど、時間もかかる上にちゃんと理解していないので突っ込まれたとき結構困る。

だから勉強しなくちゃいけないなと思うけど、何となく英語そのものの勉強はおろそかになりがち。その理由としては以下のような感じ。

  • 英語より他に学ぶことがあるので優先度が低くなりがち
  • 単語力をつける、文法を知るではモチベーションが上がらない
  • なんとなく実装はできているからいいと思っている

一つ目の優先度が低くなりがちな問題は、今使ってるフレームワークの勉強やAndroidの勉強など割と仕事で使う技術の勉強を優先にしてしまいがちなこと。英語は中長期的に見れば学んだほうがいいということはわかっているけど、仕事で使う道具の勉強をしないと困るからそっちを優先してしまう。近視眼的といってしまえばそれまでだけど、必要なことだ。

これを打開するためにはまずは日本語の情報である程度知識をつけてから英語の本物のドキュメントに当たるとかすれば良さそう。ただ技術的な英語は結構わかりにくかったりするため、そのハードルを越えるのはかなり難しそう。精神論的にはなってしまうがここはもう気合いで読みに行く覚悟をしないといけないかも知れない。もっといい方法はあると思うが・・・。

二つ目の問題はモチベーションの問題。単語だけ、文法だけだとモチベーションを維持するのは難しい。

この点については先ず読める文書を読むことからはじめて、そのときそのときで調べながらやるのがいいかなと思っている。最近ニュースの英語はわからない単語があっても抵抗なく読めるということがわかってきたので、英語のニュースを読み続けて語彙を増やしていくのがいいと思った。最近BBCのアプリをスマホに入れたので、時間を見つけて読んでいくといいかもしれない。ニュースの場合は大事なものだと日本語のニュースもどこかで配信されるのでいい感じに答え合わせもできる。これは続けられそう。

三つ目の問題は意識の問題。とりあえず実装できるからいいと思っているところ。

これはもうプロとしてとりあえずはいかんだろと考え方を改める必要がありそう。プロとして働く以上ちゃんとその技術をちゃんと使わないといけない。そのためには英語のドキュメントを読むことを恐れないことからはじめないと。日本語で知識をつけて英語の文献に当たるという1つめの手法でなんとかいけるかも知れない。とにかくちゃんと使えるようになろうという気持ちから。また精神論だ・・・。

できれば仕組みとして英語を読む機会を取り入れたいなと思った。毎日やらないと効果はなさそう。そういった点ではBBCのニュースアプリは結構よさそう。まずは興味のあることから始めて徐々に抵抗をなくして行ければいいんじゃないかと思う。

あと、今まで書いてきたのは英語を読むと言うことについてで話したり書くということについてはまだ考えられていない。これも何か英語を使わないといけない状況に追い込まないといけない。例えばGithubでプルリクを送ってみるとか(その前に問題を発見する必要があるが・・・)、英語のメーリングリストを購読して議論に参加してみるとか。究極的には英語のできるエンジニアのいるところで働くとか・・・。

とにかく何か行動を起こさないと行けない気がしている。英語の発表をする勉強会とかもあるみたいなので、そういうのを活用できたらいいのかもしれない。

1000 Speakers Conference in English | Doorkeeper

最悪英会話教室だが、お金もかかるしちゃんと通えるか微妙なところだ。

とりあえず英語を学ぶことについてそろそろなんとかしないといけない。難しいけどしっかりやらないと行けない気がする。