チラシ裏日記上等!!新館

Webアプリケーションエンジニアの雑記帳。映画とかアニメとかの記事も書きます。

3日分の作業を吹き飛ばした話

表題通りなのだけど3日分の作業をオペミスで吹き飛ばしてしまった。幸いなことに仕事の話ではなく、個人的にやってた作業での出来事だった。1日2~3時間ぐらい作業してたから9時間分の作業を吹き飛ばしたことになる。辛い。

何が起きたかというとiPadのCLIP STUDIOで作業をしていたとき、CLIP STUDIOのクラウド同期をする段階でどういうわけか同期できず同じファイルが2つ出来上がってしまい、新しく出来上がった方を削除したらそっちのほうが最新で、自らのオペミスで3日分の作業が乗ったファイルを削除してしまうという事が起きた。

新しくできたファイルは赤枠で表示されていてなんかまずそうだなと思って消してしまったのだけど、ちょっと落ち着いて両方のファイルを開くなどして確認すれば良かった。同期されなかったのは釈然としないが、自分のオペミスには違いないのでこの気持ちをどうしたら良いか分からず、ブログに残す事ぐらいしか思いつかなかった。自分に起きた悲しい出来事をポストモーテム形式で振り返ってみたいと思う。

何が起きたか

ことはCLIPSTUDIOでの作業中、ファイルを保存し同期するタイミングで何らかの同期のエラーがおこり、今まで編集していたファイルと元のファイルが二つある状態になってしまったことから発生した。一つは赤枠で囲われていて、おそらく赤枠がついていたほうが最新でありその最新ファイルが既存のファイルの上書きを行っていない状態になったいたのだと思われる。そして赤枠で囲われたファイルが最新と気づかず削除を実行、その結果最新が上書き保存されていないファイルが残り、3日分の作業を失う結果になった。

影響

3日分の作業の喪失。

主な原因

  • 作業したファイルの同期が行われていなかったことに気づかなかった
  • 削除するファイルと既存のファイルでどちらが最新かの確認を怠った

解決作

ない。iPadのアプリ内で削除したため、削除したファイルの復帰方法がなかった。

振り返り

うまくいったこと

強いて言えば失ったのが3日分にとどまったことと、ファイル全ての破損という壊滅的なことにはならなかったのが幸運であった。

うまくいかなかったこと

何もかもうまくいかなかった。

不運だったこと

iPadのアプリ内で削除を行うと、復帰する方法がないこと。これがiPadのファイルアプリ内の削除であったら、削除されたファイルの復旧は可能であった。

あとファイル同期がうまくいっていないことに気づかなかったのが最大の不運だった。いつもは作業をしたらPCに同期するのを忘れないようにしていたのだが、今回は完全に忘れていて同期できていないことに気づくことができなかった。

得られた教訓

ファイル同期をメインの機能としているプロダクト以外のファイル同期の機能は、あくまでオプショナルなため信用してはいけないということを学んだ。

ファイルを削除する前に、削除するファイルが本当に削除して良い物なのかは確認すべきということを学んだ。さらに、ファイルを失うよりもファイルの重複の方がましなため、成果物を完成に持って行くまでファイルの整理は後回しで良いことを学んだ。

ファイル同期の機能で他の端末と共有しているのであれば、常に他の端末を最新の状態にし、同期が行われていることを確認すべきだということを学んだ。

まとめ

以上振り返ってみた。自分のオペミスではあるのだけど、CLIP STUDIOの仕様であるファイルを保存してそのファイルを閉じないと同期されないという点に気をつけて毎日保存し、ファイルを閉じていたにもかかわらずファイルが同期されないというファッキンシットな状況はどう考えても自分のせいじゃないのでCLIP STUDIOの同期の機能はもう信用しない。この機能を信用しないという決断ができればあとはこれとうまく付き合っていくだけである。

漫画描くツールがCLIP STUDIOの寡占状態なのはこういう機能にセルシスが投資しない事を招くので、そろそろ他の会社なりなんなりが作ってほしいが、どう考えても儲からないので参入する企業はないだろうな。辛い話である。

それ以上に辛いのは3日分の作業系6枚の作業を失ったこと。まだ締め切りに余裕はあるからいいけど、精神的打撃が辛い。まぁ頑張るしかないのだけど。