チラシ裏日記上等!!新館

オタクWebエンジニアの雑記ブログです。本や漫画や映画の感想なんかを主に書いています。最近は勉強会の感想とかも書いています。

バレーボール 日本対ドイツ戦

今日はバレーボールの日本対ドイツ戦をみていたんだけど、とても白熱した戦いでおもしろかった。

最初は日本が有利に進めて1セットとったんだけど2セット目で調子を崩してドイツに1セットとられてしまう。流れが変わるとあっという間に逆転されてしまったり、それでもがんばって流れを戻して点を入れていったりと戦況がめまぐるしく変わってみていておもしろかった。バレーボールは本当にダイナミックなスポーツなんだなと改めて思った。

日本のチームの攻め方がすごく特徴的でおもしろかったんだけど、日本はこれは相手に返すしかないだろと思うようなボールを強引にアタックして相手を奇襲することがある。ふっとした瞬間にそれをやられたら本当になすすべがないだろうね。あとバックアタックで不意を突いたりととにかく日本はテクニカルな攻め方をするんだなと思った。やはりパワーは大陸の人には勝てないわけだから何とか技で勝負しようという印象。今回はそれがよく点につながったんじゃないかと思った。

ドイツのチームもパワーで一気に押し切る選手がいて、その選手の攻撃はだいたい入っていたのが印象的だった。雄叫びとともに繰り出されるアタックは日本チームでまねできる選手はいないんじゃないだろうか(ひょっとしたらいるのかもだけど)。こういったパワーで押し切る選手をどう押さえるかっていうのがポイントなんだろうなと。

明日はアメリカ戦だそうです。アメリカもドイツに負けず劣らずパワーが強いチームなんじゃないかと思ったりするので、ドイツ戦の経験を生かしていい試合をしてもらいたいですね。